廚文
廚文

日月神示第二十五帖翻譯

第二十五帖: 一日に十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ。
當一天死十萬人時,將越來越靠近神的世界的呀,好好看著這個世界的發生的事,讓大家知道吧。

この神は世界中のみか天地のことを委されてゐる神の一柱ざから、小さいこと言ふのではないぞ。
這個神不僅管理世界之事,他也是管理天地之事的其中一柱神。
這樣一柱大神啊,祂不說小事。

小さいことも何でもせなならんが、小さい事と臣民思うてゐると間違ひが起るから、臣民はそれぞれ小さい事もせなならんお役もあるが、よく気をつけて呉れよ。
雖說小事也不得不全做,*(但神明決定的小事,臣民也不得不做,這樣容易產生錯誤)
因此,給我皮繃緊一點阿。

北から来るぞ。
從北方來的喔。

神は気もない時から知らして置くから、よくこの神示、心にしめて居れよ。
神從還沒有戰爭的苗頭的時候就跟你們說了,好好地把神示銘記在心吧。

一日一握りの米に泣く時あるぞ、着る物も泣くことあるぞ、いくら買溜めしても神のゆるさんもの一つも身には附かんぞ。
**哭一天只有一把的米、衣服,不管怎麼通貨膨脹,神不允許的東西,一個也不會加附在身體上。

着ても着ても、食うても食うても何もならん餓鬼の世ざ。
不管怎麼穿、吃,結果什麼也不會變成的餓鬼世道。

早う神心にかへりて呉れよ。
早點皈依神心吧。

この岩戸開くのは難儀の分らん人には越せんぞ、踏みつけられ踏みつけられている臣民のちからはお手柄さして、とことはに名の残る様になるぞ。
回到盛世的過程,不知道困難的人是跨越不過的,被壓迫著的臣民的力量,使其變成功名,名留青史。

元の世に一度戻さなならんから、何もかも元の世に一度は戻すのざから、その積りで居れよ。
不得不回到原本的世間一次,全部都會回到原本的世間的啊,抱著這樣的打算活下去吧。

欲張っていろいろ買溜めしてゐる人、気の毒が出来るぞ。
貪婪地將各種東西買了囤貨的人,很可悲。

神よく気をつけて置くぞ。
神會好好照看你喔。(囤貨的人)

この道に縁ある人には、神からそれぞれの神を守りにつけるから、天地の元の・(てん)の大神、くにの大神と共に、よく祀りて呉れよ
與道有緣的人,神那邊會降下各自的守護神保護你,與天地原本的大神、國家的大神一起祭祀吧。

*原文翻不出來,結合上下文翻譯。
**黑市

這篇是在講二戰,將要終戰時,一天死10萬人的慘況。
從北而來則是,蘇聯打破不可侵條約時,攻擊日本。
(這部分是日本人破譯的)
中間的部分(從北方來之前),我猜應該是終戰之後,GHQ來到日本,以麥克阿瑟為主,主導國家大事。

CC BY-NC-ND 2.0

Like my work?
Don't forget to support or like, so I know you are with me..

Loading...

Comment